私のスタイルをチーフは見ていた

今日は俺が勤める現場の改装所持の日だった。現場は40クラスほど見えるデパートであり、近所のお年配がしばしばショッピングに来ている。前週の12日に閉店工程をし、直後再三現場には来ていた結果、必ずしも神業はしなかったがやっぱ再び店内を見ると、随分と変わっていた。一直線な感じを言うと綺麗になったのは勿論、広くなったような気がする。本社のお客がヘルプに来てくれたこともあり、いまいちオープン予約工程はほとんどしなかったような気がする。しばらくして朝会が始まり、オープン日にちまでに大変部位が変わった物の場所を確認した。無論要所を覚える結果。知人に〇〇何処?といった聞かれたらどこにあるか案内しないといけないからだ。人々職員はもちろんだが、知人も要所が思い付かから当然の事です。時間になりオープンした。チーフから知人100お客ぐらい並ん現れるよって聞いた結果精神はしていたがともかくみんなが入ってきた。頭痛とめまいが起こりそうになったのは秘密である。店内を歩き回ってるって勿論、物はどこにあるのかという聞かれた。俺は店内のマップを見ながら知人を案内した。全く本気だったが賢く笑えて観点できたって自分で想う。こんな私のスタイルをチーフは見ていたのか帰り際に昨今頑張ったねと褒めてくれた。まだまだ嬉しかった。何かと得る事は多いがあすも頑張ろうという。あっ間違えたあすは休日です。明後日から頑張ろうという。せフレの作り方、探しならこちらのサイト

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.